クラウド経営管理GYAKUSANを令和5年1月末にリリースします

2022.11.21

株式会社ギャクサンは、クラウド経営管理GYAKUSANを令和5年1月末にリリースいたします。
GYAKUSANは、中小企業の皆様の将来ビジョンの実現をサポートします。利益を増やし社員に還元したい、人材育成を進めたい、事業承継を考えているなど、経営者の皆様が抱える問題を解決いたします。

GYAKUSANでは、10年後のビジョンを描き、そのために必要な3年後の状態、1年後の目標を逆算します。数値目標を定め、行動計画を立て、進捗管理を実施することでビジョンの実現に向かいます。

カーナビゲーションのイメージに近いかもしれません。旅行目的から行き先を決め、どのような道のりで行くか選択し、道を間違えた場合には再度ルート設定します。このようなナビゲーションによって、道に迷って目的に着けないことはほとんどなくなったことと思います。もしかしたら経営者の皆様はナビゲーションのない車を運転しているようなものかもしれません。

また支援機関の皆様にとっては、伴走支援ツールとしてご利用いただけます。経営者との対話を中心に課題整理や解決に向けたToDo設定を支援し、毎月進捗状況を確認することで長期的な関係を構築します。中長期ビジョンを共有し、経営者と同じ方向を見据えるため、押しつけ支援や御用聞きではない、伴走支援が可能となります。このような対話を重視する伴走支援は必ずしも専門知識を必要としません。一方で、個別の事業者様にとって100点のサポートをするには専門性も欠かせません。支援機関の皆様は伴走支援を通じて、ご自身の専門性を加え、あるいは適切な専門家へつなぐことが可能となります。

GYAKUSANは、当たり前の経営管理を当たり前のように実践するサポートツールです。当たり前と思われることも、自分一人で実施することは難しいものです。誰もがそのような経験があると思います。デジタル技術によるサポートや第三者のサポートがあれば、より効率的に”ありたい姿”を実現できるはずです。

中小企業の経営管理や経営支援の業界は成熟しているとは言えません。ノウハウは属人化され、素晴らしい成果を出す一方、困難な場面も生じます。多くの事業者の皆様に対して、誰が実践しても同じように、100点ではなくても60点の効果がある、そんなシステムを目指しました。いわゆる予実管理ではない、経営目標の実現をサポートするシステムは業界にとってチャレンジングな試みです。ひとつのたたき台として、皆様のご意見を頂戴しながらよりよいサービスにしてまいります。